車の購入ならマイカーローンに限る

マイカーローンは車の購入や修理、車検に使える低金利の借り入れとなりますが、車関連以外の用途には一切使えません。対してカードローンは基本として何に使っても良く、事業性資金や浪費のための借り入れは認められていませんが、同じく車の購入であっても修理費用であっても、カードローンでまかなうことも可能です。

 

こう見るとカードローンの方が有利で便利な借り入れに思えるかもしれませんが、カードローンは「金利が高い」のです。マイカーローンは安いところなら金利は2%前後の商品もありますが、カードローンは消費者金融から借りるなら18.0%、銀行であるとしても14.8%程度の金利設定になる場合が多いです。

 

 

少額のちょっとした借り入れならカードローンが便利で、大きな金額を借りないなら金利が高くても返済負担はそこまで大きくなりません。しかし、マイカー購入のような数百万円となる借り入れをカードローンで14.8%の年利で利用してしまうと、返済時の利息負担が非常に大きくなり、次第に支払いが苦しくなってしまうのです。

 

車の購入と目的が決まっているならマイカーローンの利用をし、その他の細かい借り入れや特に目的が決まらない例えばレジャーやドライブ、お出かけの費用などとして数万円や数十万円程度の利用であれば、カードローンを考えてみると良いでしょう。

 

ディーラーローン対マイカーローン

マイカーローンを使ったことはありますか。バブルの時期などは多くの人が何も考えずにディーラー系のローンを組んで自動車を購入していたものですが、今では銀行を始めとしたいろいろな金融機関で、車購入のための目的別ローンとしてマイカーローンを用意しています、そんなディーラー系ローンと金融機関の自動車ローンではどのような違いがあるのでしょう。

 

まず一番大きな違いはやはり金利です、ディーラーローンの場合は金融機関のそれと比べ、多少金利が高く設定されています、そのかわりディーラー系のローンの場合車両本体の大幅値引きやオプションサービスが手厚くなると言ったメリットはあります、さらに言えばアフターサポートにもなんとなく違いが出てくる場合もあります。

 

一方の銀行やその他金融機関が提供するマイカーローンはまさに金利の低さがメリットです、3~7%程度の低金利でローンを組めるため、やはり返済を楽にしたい方にはおすすめです。

 

金融機関でのマイカーローンならメインバンクにしている銀行がいいでしょう、公共料金の引き落としや給与口座など取引状況によって優遇されるケースが多いようです。

 

マイカーローンだけでなく、ローンを組むときは総支払額がいくらになるかを重視して契約するのが賢い借り方です。

 

基本的にディーラーローンは金利が高いため、出来ることなら最終手段として考えておきたいものです。まずは低金利の銀行などの金融機関のマイカーローンから申し込みをしてみて、審査に通るならそのまま低金利のマイカーローンを組めば良いのです。

 

どこが低金利でどこが良いマイカーローンが分からない方は、今ではネット上でも多くのマイカーローン比較サイトがありますので、こちらのマイカーローンの仮審査で比較を見て、より低金利で借りられるローン商品探しの参考にしてみましょう。

 

細かい金額をすぐに借りるならカードローン

車の購入には向かないカードローンも、細かく借りるなら大変便利です。マイカーローンは借りるまでに2週間程度かかってしまうものですが、カードローンは借り入れ先によっては申し込み当日の利用も可能となります。それでいてネット上の手続きで終わる来店不要の借り入れとなるので、やはり利便性の面で見ればカードローンは優れているのです。

 

ただ、先にも書いたように金利面が大きなデメリットとなりますので、くれぐれも借り過ぎには注意をしておきたいものです。借りすぎないように計画的に使えばカードローンも暮らしに役立つローン商品となりますので、信頼性の高い大手のカードローンサービスを使い、安心の出来る借り入れとすると良いでしょう。

 

多くあるカードローンの中でもなるべくなら低い金利で借りたいと考えるなら、やはり信頼性の高い銀行からの融資となるオリックス銀行カードローンを考えてみましょう。最短即日審査回答で来店不要ですので、手続きにあたってはオリックス銀行カードローン評判を見ておき、安心安全の利用を進めてください。